Show simple item record

dc.contributor.advisor陈端端
dc.contributor.author阙春梅
dc.date.accessioned2016-02-14T08:07:41Z
dc.date.available2016-02-14T08:07:41Z
dc.date.issued2008-10-23 15:12:53.0
dc.identifier.urihttps://dspace.xmu.edu.cn/handle/2288/48745
dc.description.abstract《新撰万叶集》(以下简称为“本集”)是一本编撰于日本平安时代的和汉诗歌集。该书采用在每首和歌之后附加一首汉诗与之对照的独特形式,可谓是中日和汉文学交流史上最有价值的例证之一。自古以来人们普遍认为“本集”的汉诗乃是对和歌的一种汉译,但后来又屡屡有人认为该汉译手法相当拙劣,甚至质疑说是否可以称之为“翻译”。然而,我们在探讨“本集”中和歌与汉诗的对应关系时,只要看“本集”编撰所处时代的特殊性以及翻译的特点、尤其是诗歌翻译的特性,我们就不得不认同“本集”中的和歌与汉诗明显是属于翻译行为范畴的。 本篇论文由四部分组成。 第一部分是序论,讲述笔者研究“本集”和歌与汉诗对应关系的原因和目的。 第二部分...
dc.description.abstract『新撰万葉集』(以下、「本集」と略す)は日本平安時代に編纂され、すべての和歌に漢詩を一首ずつ添え、和歌と漢詩とを対照する独特な形式をとる和漢詩歌集であり、中日文学交流史においても珍しい和漢交流の証拠の一つであろうと思われる。「本集」の漢詩は和歌の漢訳であると古来から広く認識されたが、後になってその漢訳はあまりにも拙いという声がよく出たし、さらには、「翻訳説」が成立できるかどうかの疑問もしばしば持ち出される。しかし、「本集」における歌詩の対応関係を検討する場合、「本集」成立時期の特別事情並びに翻訳の特徴とりわけ詩歌対訳の特殊性などを考慮に入れれば、「本集」の和歌と漢詩の対応関係は明らかに翻訳の範疇に属すべきものではないだろうかと考えられる。 本論文は大きく四つの部分に分けている。 第一部分は、序論である。ここで筆者は「本集」における歌詩の対応関係を研究テーマにした理由と研究目的を述べる。...
dc.language.isozh_CN
dc.relation.urihttps://catalog.xmu.edu.cn/opac/openlink.php?strText=17465&doctype=ALL&strSearchType=callno
dc.source.urihttps://etd.xmu.edu.cn/detail.asp?serial=18777
dc.subject和歌
dc.subject汉诗
dc.subject诗歌翻译
dc.subject和歌
dc.subject漢詩
dc.subject詩歌翻訳
dc.title诗歌交流过程中的和汉互译尝试 —翻译视角下的《新撰万叶集》和歌与汉诗
dc.title.alternative詩歌交流における和漢対訳の試み ―翻訳視野にみる『新撰万葉集』の和歌と漢詩
dc.typethesis
dc.date.replied2008-05-31
dc.description.note学位:文学硕士
dc.description.note院系专业:外文学院日本语言文学系_日语语言文学
dc.description.note学号:20051300330


Files in this item

Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record