Show simple item record

dc.contributor.advisor陈端端
dc.contributor.author卓凌
dc.date.accessioned2016-02-14T08:07:30Z
dc.date.available2016-02-14T08:07:30Z
dc.date.issued2003-06-03 12:51:46.0
dc.identifier.urihttps://dspace.xmu.edu.cn/handle/2288/48420
dc.description.abstract本论文选取日本著名作家夏目漱石的处女作--《我是猫》的中文译本对文学翻译的机能展开论述。论文首先论述了翻译文学的地位及其重要意义,概述了夏目漱石文学作品在中国的翻译情况,特别是《我是猫》的翻译情况,接着从书名的翻译、登场人物的翻译、修辞的翻译、语音现象的翻译等四个方面进行详细论述。从译本的翻译方法导入对文学翻译可能性和限度的考察。
dc.description.abstract文学作品の翻訳は日常会話や科学技術資料の翻訳と違って、原作の読者と同じく美的感受を味わえるために、特別な表現方法を用いて、その作品に原作者が言おうとすることを正確に訳文の読者に伝える。特定の言語環境における歴史や文化の影響を受けて、言葉は豊富な連想や特定なイメージを与えられる。すると、文学翻訳の可能性はどこまでであるか、また、どうやって、どこまで等価的に翻訳できるかと一連の問題を考えざるをえないことになる。本論文は三つの部分に分けて、夏目漱石の『吾輩は猫である』の中文訳を例にして、考察した。初めでは、まず、文学作品翻訳の重要性を論じた。本論では、『吾輩は猫である』翻訳方法について、題名の訳し方、登場人物の名前の翻訳、修辞の翻訳、語音現象の翻訳など四つの方面から、「文内直訳文外補償」、「文内補償」などの訳し方を論じた。そして、翻訳の方法から、文学翻訳の可能性と限度の考察へ導入した。
dc.language.isozh_CN
dc.relation.urihttps://catalog.xmu.edu.cn/opac/openlink.php?strText=6346&doctype=ALL&strSearchType=callno
dc.source.urihttps://etd.xmu.edu.cn/detail.asp?serial=762
dc.subject文学翻译
dc.subject可能性
dc.subject限度
dc.subject等价性
dc.subject文学翻訳
dc.subject可能性
dc.subject限度
dc.subject等価性
dc.title翻译的可能性和限度
dc.title.alternative翻訳の限度及び限度
dc.typethesis
dc.date.replied2003-06-03
dc.description.note学位:文学硕士
dc.description.note院系专业:外文学院外文系_外国语言学及应用语言学
dc.description.note学号:200004028


Files in this item

Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record