Show simple item record

dc.contributor.advisor郭颖
dc.contributor.author蔡莹
dc.date.accessioned2018-12-05T01:42:45Z
dc.date.available2018-12-05T01:42:45Z
dc.date.issued2017-11-29
dc.identifier.urihttps://dspace.xmu.edu.cn/handle/2288/170172
dc.description.abstract《菊与刀》一书是美国著名的文化人类学家鲁思•本尼迪克特的代表作,堪称研究日本国民性的经典著作,也是人们了解日本人及其文化的首选读物。该书与其它作品相比,其汉译本的其数量之多、销量之大、热度之高,可谓译著中极为罕见的。而大多数的汉译本仅仅是通过加入插图、照片或注释性文字等方式来增加可读性,而译文本身仍然沿用老版本,无法满足新时代读者的需求。同时,从先行研究来看,国内学者重视从文化角度研究《菊与刀》,对《菊与刀》的翻译状况、翻译的妥当性方面的研究甚少。因此,笔者以第十一章为中心,从文化和语言两个层面对其汉译文进行推敲并提出新的翻译可能。 本篇报告共分为五个部分,第一、二章介绍了《菊与...
dc.description.abstract『菊と刀』(The Chrysanthemum and The Sword: Patterns of Japanese Culture)はアメリカの文化人類学者ルース・ベネディクト(Ruth Benedict)によって、日本国民性研究の代表作であり、日本人および日本文化を知るための必読書でもある。ほかの作品に比べると、漢訳本の数や売り上げや人気なども注目されている。特に、中国においては、再版ブームがたびたび起こされ、出版社は絵や写真を入れたり、注釈などを付け加えたりして、新しい時代の読者の口にあうようそれぞれ漢訳本に工夫を施した。ただ、『菊と刀』の漢訳本を見比べた結果、訳文自体がさほど違っていないことが分かった。本稿は『菊と刀』の第十一章「修養」をめぐって、いくつかの漢訳を分析し、文化と言語の視点から、翻訳の可能性について考察をおこなう。 本稿は五つに分けられ、第一、二章は...
dc.language.isozh_CN
dc.relation.urihttps://catalog.xmu.edu.cn/opac/openlink.php?strText=57843&doctype=ALL&strSearchType=callno
dc.source.urihttps://etd.xmu.edu.cn/detail.asp?serial=60574
dc.subject《菊与刀》
dc.subject汉译本
dc.subject文化
dc.subject语言
dc.subject菊と刀
dc.subject漢訳文
dc.subject文化
dc.subject言語
dc.title《菊与刀》“自我修炼”一章汉译翻译报告
dc.title.alternative『菊と刀(修養)』の漢訳分析レポート
dc.typethesis
dc.date.replied2017-05-19
dc.description.note学位:翻译硕士
dc.description.note院系专业:外文学院_日语语言文学
dc.description.note学号:12220141152672


Files in this item

Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record