Show simple item record

dc.contributor.advisor任星
dc.contributor.author葛俊子
dc.date.accessioned2017-06-20T08:40:28Z
dc.date.available2017-06-20T08:40:28Z
dc.date.issued2016-10-08
dc.identifier.urihttps://dspace.xmu.edu.cn/handle/2288/134017
dc.description.abstract隶属不同文化和语言的人们在交流时往往容易产生误解与摩擦。随着全球化发展,中日两国人民之间的交往愈发紧密频繁,两国人民的思维模式和语言习惯中存在的差异也愈加突显,关于两国言语行为的研究已十分必要。 劝诱行为,是指说话者邀请听话者和说话者一同进行相同行动的行为。实际交际中,劝诱谈话往往不只进行一次,当被劝诱者对劝诱行为犹豫不决的时候,劝诱者常会采取某种策略进行再劝诱行为。笔者认为,通过探讨中日再劝诱言语行为语用策略的异同,有助于提高日语学习者在跨文化交际中实施再劝诱言语行为的语用能力,也有利于通过语言建立良好的人际关系,避免交际中摩擦与误解的产生。 本文试图以语用学言语行为理论为基础,利用情景...
dc.description.abstract異文化コミュニケーションにおいて、摩擦や誤解が生じることがしばしばある。日本語学習者が友人を誘ったり、逆に誘われたりする際、言葉は通じているのにも関わらず、相手の意図が理解できず、また、意図が精確に伝えられなかったため、誤解が起きてしまう。 本稿では、再勧誘行為を取り上げ、ロールプレイの会話調査でデータを収集することにより、中日母語話者が再勧誘するときに使用するストラテジーの類似点と相違点を考察した。 その結果、日本語母語話者(以下はJNSと略称する)が意味公式「共同行為要求+誘導発話」、中国語母語話者(以下はCNSと略称する)が意味公式「誘導発話+情報提供」というパターンが再勧誘ストラテジーとして多く用いられることが明らかになった。勧誘者がそれぞれどのような意味公式を使う傾向があるのかを分析した結果、JNSが「共同行為要求」の下位種類Ab「相手の意向を間接的に尋ねる」を...
dc.language.isozh_CN
dc.relation.urihttps://catalog.xmu.edu.cn/opac/openlink.php?strText=52799&doctype=ALL&strSearchType=callno
dc.source.urihttps://etd.xmu.edu.cn/detail.asp?serial=57178
dc.subject再劝诱行为
dc.subject语用策略
dc.subject意味公式
dc.subject礼貌原则
dc.subject再勧誘行為
dc.subjectストラテジー
dc.subject意味公式
dc.subjectポライトネス
dc.title中日再劝诱言语行为的语用策略考察——以大学生会话为例
dc.title.alternative中日母語話者における再勧誘ストラテジーの考察――大学生会話を例に
dc.typethesis
dc.date.replied2016-05-18
dc.description.note学位:文学硕士
dc.description.note院系专业:外文学院_日语语言文学
dc.description.note学号:12220131152715


Files in this item

Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record